むくみ、冷え性の原因「O脚」は座り方が原因だった!

O脚は座り方が原因 姿勢
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

足のお悩み上位『O脚』

本日は、姿勢のお話です。

すらっと美しく伸びる脚は、誰しもが憧れますよね!

脚

スキニーパンツを履いたときはもちろん、
スカートから覗く無駄のない脚は、
それだけでスタイルの良さがアップします。

脚に関するお悩みの中でも、
O脚
は上位に入るのではないでしょうか。

当店のお客様の中にも多いお悩みの一つです。

O脚とは、
左右の内くるぶしを引っ付けた際に、
左右の膝が接しないものを言います。

O脚ちゃん

両足のかかとをつけて立った時に、
・太もも、膝がひっつかない→O脚
・太ももは引っ付くけど膝から下に隙間ができている→膝下O脚
・股関節(足の付け根部分)が内側にねじれて膝が内側に入っている→内旋伴うO脚

など、いくつか種類があります。

 

O脚による弊害

O脚になると、単にパンツやスカートを素敵に履きこなせないというだけでなく、

・冷えやすい
・むくみやすい
・下半身が太りやすい

という弊害が起こりやすくなります。

これは、不良姿勢によって不必要に筋肉が緊張したりすることで、
血液の流れが阻害されてしまうことによって引き起こされるのです。

普段から、冷え性やむくみでお悩みだったとしたら…
原因はO脚にあるかもしれません!

 

普段の無意識の姿勢

今回は、O脚の中でも

膝下O脚でお悩みの方に質問です。

 

普段、お家でくつろぐ時など床に座る時、
どのような姿勢でいますか?

・・・

あひる座り

↑こちらの画像をご覧ください。

この画像の中で注目していただきたいのが、
膝から下!!

座っている姿勢が、
太ももから両膝まで引っ付けたままで、
膝下からは開いたままの姿勢になっているところです。

この姿勢は、椅子に座っているときも同じで、
両膝が接しているけど膝から下は開きっぱなしになっている姿勢です。

アナタの普段の座り方はどうでしょうか?

通称、あひる座りと言います。

このあひる座りを続けていると、
骨盤が歪み、膝から下が接しにくくなります。

ちなみに、椅子に座った場合、
背筋を伸ばして両膝と左右の内くるぶしを接して座る正しい姿勢が辛い方は、
すでに歪みが強くなっている証拠です。

O脚改善のために生活習慣を改善しよう


まるで骨が曲がっているように見えてしまうO脚。

自分のO脚に対して諦めてしまっている人も多いと思います。

しかし!
ほとんどの場合、骨自体が曲がってしまっているわけではないのです!

最初からO脚やX脚などの人は少なく、
生活習慣によって脚の形が変わってしまっています。

あひる座りや脚を組んだりなどによる骨盤の歪み、
悪い姿勢の習慣によってついてしまった筋肉が原因ですので、
それを改善していくことで、まっすぐな脚へと改善できるのです。

姿勢は日常の癖や無意識の偏った動作の積み重ねによって出来ていると考えます。

 

毎日の生活の中で、少しずつ悪習慣を改善し、
正しい姿勢で過ごすよう意識してみましょう!

冷え性や脚のむくみも身体の歪みが原因の一つです。

レストでは、首、猫背、骨盤など、
全身の姿勢を見させていただき、猫背矯正や骨盤矯正を行なっています。

お一人お一人に合わせてオーダーメイド施術を行いますので、
O脚や骨盤の歪みが気になる方も
ぜひレストへご相談ください!

O脚改善のストレッチなどは、
またお話しさせていただきまーーす!

タイトルとURLをコピーしました