反り腰改善!簡単習慣

反り腰改善 簡単習慣 姿勢
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県の倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

 

 

冬は「ギックリ」にご注意

いよいよ年末ですね!

素敵なクリスマスをお過ごしましたでしょうか?

 

私もサンタさん来てくれました〜💖

全く期待というか、考えても意識もしていなかったので

もう、びっくり!

気持ちがすんごく嬉しく温かい気持ちになりました!

具体的な内容は・・・ふふふ。内緒です(笑)

 

さて、

今日の倉敷市は

最高気温10度、最低気温は1度の予報です。

まだまだ冬感は控えめで、暖冬を感じさせますが、

しかしながら、

朝晩の冷え込みは冬です。

 

 

冬の寒い時期は

『ギックリ』

をやってしまうかたが増えてきます。

 

代表的な部位でいうと

腰!

 

これは、気温の低下によって

筋肉への血液の循環がうまくいかず、

さらに寒くて筋肉に余計な力が入りやすい

ということで、

ふとした動作で腰を痛めてしまうかたが多いです。

 

このブログをご覧の方!

今までギックリ腰になったことのない方でも

季節柄お気をつけくださいね!!

 

反り腰の原因

季節柄もさることながら

姿勢によって

腰を痛めやすくなります。

 

本日のテーマは

腰の中でも

反り腰

 

くびれ 反り腰改善

反り腰改善について

お話しさせていただきます。

 

 

腰が

反ってしまっている方

例えていうなら

ドナルドダックのような

腰といえばいいでしょうか

あひる

腰がグッと反ってしまい

肩を無理に開こうとして

胸を突き出して歩く

 

これでは腰の筋肉が緊張してしまい

歩くときにも筋肉がうまく使えず負担がかかるので

腰痛の原因だけでなく

脚のだるさや筋肉の張り

出てきてしまいます。

歩いても運動しても

筋肉がついて欲しいところにつかず、

むしろ、脚が太くなった。。。

なんていうことも。

 

仰向けで眠ろうと思っていても

居心地が悪くて

横向きやうつ伏せで寝てしまう

という経験のある方は

反り腰によって引き起こされていたかもしれません!

 

反り腰改善ストレッチ

これまでの身体不具合を引き起こしたり、

今現在の姿勢を招いている反り腰は、

実は

寝る前の3分間

(最初は1分からでも!)

簡単な動作で改善できるのです!!

 

さて寝よう〜

とお布団の中に仰向けの状態でいるタイミングで

ぜひやってみましょう!!

 

 

まず、仰向けになって

立膝を立ててみましょう。

立膝 仰向け

この姿勢のまま

腹式呼吸

をしてみましょう。

 

腹式呼吸とは・・・

鼻からゆっくり空気を吸い込みます。
その時、おへそのあたりに空気を貯めていくイメージです。

そしてお腹を凹ませながら、口からゆっくり吐き出します。
吸う時よりも時間をかけながら細く長く吐き出します。

 

慣れるまで、なかなか難しいですが、

ゆーーーーーっくり吸って

ゆーーーーーっくり吐き出してみましょう。

 

この『吐く』ときがポイント❗️

吐き出しているときに、

 

おへそが床につくイメージで

お腹をしっかり凹ませながら

背中で床を押さえつけましょう。

 

わかりにくい方は、

仰向けで寝ている状態で

腰と床の隙間に手のひらを滑り込ませてみましょう。

 

そして呼吸をしていく中で

息を吐き出すときに

手のひらを潰すようお腹を凹ませて吐き出しましょう。

 

目安は3回〜10回

 

理想は

吐くのに8秒

吸うのに8秒

 

反り腰改善習慣まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

慣れてくるとそれ以上の時間をかけて呼吸することができますよ!

最初は1分くらいやってみましょう。

 

やる気が出ないなぁというときも

一回で良いので

毎日コツコツ続けて

習慣にしてしまいましょう!

 

徐々に反り腰が改善されていきますよ😀

 

腰だけでなく

お腹にも効果的です!

ぜひ今夜からやってみてくださいね😇

 

タイトルとURLをコピーしました