お肌の基本構造3

お肌の基本構造3 基本知識
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

本日も前回の続き、
お肌の基本構造③をお話させていただきます。

その1では、表皮
その2では、真皮
についてお話しさせていただきました。

続いては、いよいよ
皮下組織
についてです。

皮下組織の役割と構造

ごほう美サロンレスト 皮膚断面

皮下組織は、脂肪からなる
柔らかい組織です。

柔らかい組織の中に、
毛細血管とリンパ管が通っています。

そんな皮下組織の大事な大事な役割は、
お肌の栄養を運んだり、ゴミを処理する係です。

血管とリンパ管の働き

お顔には、たくさんの毛細血管とリンパ管が通っています。

血管には動脈と静脈の二種類あります。

基本的に動脈を流れる血液は、酸素や栄養素がたっぷり含まれています。

そして、静脈とリンパ管には、
老廃物や、二酸化炭素など不要なものが通って体外に排出されます。

さらに詳しく言うと、
静脈とリンパ管はそれぞれ、
静脈は、二酸化炭素と老廃物、
リンパ管は古くなった水分と静脈では流すことができない老廃物
を流しています。

また、リンパ節では免疫抗体を生産し、細菌や異物を処理しているので、
重要な免疫の機能を持っています。



つまり、
毛細血管の動脈は、お肌の栄養を運んでくれます。
表皮、真皮に栄養を送り、静脈が老廃物を受け取る役割を持っています。
(なんて良いヤツ・・・涙)

リンパ管は、肌細胞の不要なゴミ処理係です。
血管から老廃物を受け取り排泄する役割を持っています。


よって、皮下組織で重要なのは、

血液の流れ、リンパの流れです。

血液の流れ、リンパの流れ


血液の流れ、リンパの流れが滞ってしまうと、
老廃物や二酸化炭素が停滞し、お肌だけでなく身体の不具合も起きてしまいます。

例えば、ニキビ、肌荒れが起きてしまったり、くすんでしまったり。。。
さらに、むくみや肩こりも引き起こしてしまいます。

リンパ管は血液よりもさらにスローで分速24センチメートルと言われており、
余計に滞りやすいです。
リンパの流れが悪くなると、
免疫力の低下に繋がり、病気になりやすかったり、怪我や病気が治りにくくなったりします。


むくみやニキビ肌荒れ、くすみなどなど全て美肌の天敵です!


ということで、皮下組織のお話でした。

というわけで、3回に分けてお肌の構造についてお話させて頂きました。
お肌の知識を少しでも知っていただけたでしょうか?

基本的な知識を得ることで自分のお肌を知ることができ、
知るまでよりもお肌のことを考えられるようになったのではないでしょうか?

考えることができるというのが最大のポイントですよ!!

考えることができなければ、
何かトラブルがあった時には、あたふたしたり、
落ち込んだりしてそのまま時が過ぎてしまいますし、

状態に合わせたケアを知ったとしても、
「やらされている」「やらなくてはならない」
になってしまいがちだと思います。

その時その時の状態にあったお手入れが出来るように
さらに知識を高めていきましょう!

わかりやすく、興味を持っていただけるよう
私も頑張ります!

このブログを読んだ方が
一人でも多く
自分のお肌や身体が好きになれますように・・・❤️

タイトルとURLをコピーしました