洗顔の最適温度は○度!

洗顔の最適温度は○度 お肌
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県の倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

 

 

 

スキンケアの基本中の基本「洗顔」

ブログをご覧の皆様

お肌の調子はいかがでしょうか?

 

日頃のセルフケアはコツコツしていますか?

 

さて、だんだんと気温が低下してきています。

 

ニットやコートが着れる季節になるこの時期は

おしゃれが好きな方にとっては

ウキウキ楽しい季節ですよねぇ〜

 

しかーーーーーしっ!!!

 

お肌にとっては

カサカサ
カユカユ

な乾燥しやすい時期です。

 

スキンケアも

乾燥対策が重要になってきます。

 

本日のテーマは、

スキンケアの中でも

基本中の基本

洗顔

についてお話しします。

洗顔 スキンケア

これ、とても大切です。

汚れがしっかりとれていないと

化粧水などなどもお肌に浸透しにくくなります。

しかしながら、お肌に必要な潤いまで取り過ぎてしまうと
もっと乾燥しやすくなりますよね。。。

 

洗顔時の水の温度

水温 湯沸かし 給湯

ここで質問です!

クレンジングや洗顔時の

水温

意識していますか?

 

 

例えば、、、

洗顔はお風呂に入ったときに

身体を洗うついでに
顔もシャワーでジャージャー流していたり

 

逆に
洗面台にて冷たい水で
パシャパシャ洗い流していませんか?

 

 

今の洗い方によって

お肌の乾燥などのお肌のトラブルを引き起こしているかもしれません!!

 

水の温度ってとても大切!

 

洗い方によって

汚れの取れ方、

お肌の乾燥の具合も変化します!

 

では一体、お肌にとって負担がなく
汚れは取れて潤いが残る温度とは何度なのでしょうか?

 

 

お肌の温度

水分摂取

一般的に、お肌の温度は32度前後です。

ご存知でしたでしょうか?

 

そして、

毛穴に埋まる皮脂はおよそ30度くらいで溶け出します。

 

と言うことで、

30度くらいのぬるま湯で洗うことで

効率よく皮脂汚れを落とすことができます。

 

体温は36〜37度で

湯船の温度はぬるめで39度くらい。

熱いお湯でだいたい42度くらいではないでしょうか。

 

そう考えると、30度はお湯というより、

相当『ぬるめのお水』という表現の方がわかりやすいかもしれません。

 

さらに洗い方としては、

シャワーやゴシゴシ擦ると

お肌への刺激になりますので

 

優しく優しく

撫で洗いをすることで

お肌の潤いを取りすぎることなく

皮脂汚れもしっかり洗い流すことができるのです。

 

洗顔のポイント

お肌に合った洗顔フォームやクレンジングに出会うことは

もちろん大事です。

 

その効果を最大限に引き出すためにも

洗顔時の水の温度を意識してみましょう!

 

お水の温度を意識するということは

特別に用意するものなどなく今日から出来ます。

 

今までお水の温度を意識せずに

洗顔やクレンジングをしていた方は

『30度のぬるめのお水』

に変えることをしばらく続けるだけで

お顔の状態が全然違ってきますよ〜😌

 

今のスキンケアに満足いかない・・・という方や

洗顔フォームやクレンジングの使い心地に納得していない方は、

まず、お水の温度を意識してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました