むくみ改善にタンパク質たっぷりな食事!

むくみ改善にタンパク質パート2 むくみ
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県の倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

 

むくみ改善オススメ食材

前回の記事

むくみ改善にはタンパク質が大事!

と言うことで、

どのようにしてむくみとタンパク質が関わっているのかをお話ししました。

 

今回はその続きです。

オススメ食材などを含めて

タンパク質について

お話しさせていただきます。

 

食事

 

タンパク質とは

まずは、タンパク質とは何か?

 

英語では

protein(プロテイン)

と言います。

 

炭水化物・脂質と合わせて

三大栄養素と言われています。

 

人間の身体を構成したり、

ホルモンの材料になったり

エネルギーにもなったり

とても大切な役割を持っています。

 

タンパク質は

主にアミノ酸で構成されています。

その数はおよそ20種類!!

 

このアミノ酸が

目的や場所によって

組み合わせを変えて

約10万種類のタンパク質へと変わります。

 

 

髪や爪など

同じタンパク質でも違うのは

この組み合わせのせいです。

 

 

20種類のアミノ酸の中でも

特に9種類のアミノ酸は

身体の中で作り出すことが出来ません!

そのため、食事で摂取しなくてはならないのです。

これを必須アミノ酸と呼びます。

 

しっかり食事やサプリメントなどで

補うことが大切です。

タンパク質の摂取には

では、一体なにを食べたらいいの???

 

と言うことで
タンパク質はどういったものに含まれているかをお話しします。

 

タンパク質は大きく分けて

2種類あります。

 

動物性と植物性

 

動物性の代表は、

肉、魚、卵など

 

植物性とは

大豆、小麦など

 

通常、動物性タンパク質の方が

栄養価は高いのですが、

脂肪分が多く含まれているので

ものによっては

食べ過ぎてしまうと太ってしまうことも・・・

 

 

動物性や植物性で

ものによって含まれている必須アミノ酸も違うので

バランス良く摂取することが大切です!

 

しっかりタンパク質を摂っているつもり

になっていても

実は摂れていなかった…なんてことになりかねません!

 

タンパク質がうまく摂れていないと

筋肉量が低下する

集中力が下がる

髪や爪、肌がボロボロになる

などと言うトラブルが発生します。

 

普段から疲れやすい方、

お肌がボロボロで治りにくい方

タンパク質量が

少ないのが原因かもしれません!!

 

毎日の食事で意識すること

お肌も身体もボロボロ…

なんてことにならないために、

 

動物性タンパク質と植物性たんぱく質を

5:5

の割合で摂取するよう心がけてみましょう。

 

卵と納豆は栄養価も高く

手軽で摂りやすいのでオススメです!

 

ランチがパンだけになりそう…

と言うときはゆで卵をプラスしてみたり、

おにぎりだけ!

と言うときには

卵と納豆は

栄養価も高く

手軽で摂りやすいのでオススメですグッ

パンだけになりそうなときには

ゆで卵をプラスしてみたり、

おにぎりだけ!

なんて時には大豆からできているお味噌汁に納豆をプラスしてみるのもいいですよ〜

 

 

むくみにくくなるだけでなく、

肌荒れ改善で

お肌ツルツルの

髪もツヤツヤ

なんて素敵ですよねぇ〜

 

お肉、お魚も積極的に!

ぜひタンパク質をしっかり摂るようにしてみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました