むくみ改善にはタンパク質が大事!

むくみ改善にタンパク質 むくみ
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県の倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

 

 

むくみが気になるパーツ第一位 脚

まだまだ日中は暑いなぁと思っていたのに
あっという間に10月も後半。

朝晩は肌寒く日中も涼しくなってきました。

 

先日の台風災害、大雨による災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。

前回の台風ではこれまでにない規模の被害が出ています。

ニュースをみて、昨年の倉敷市真備町の災害を思い出してしまいます。

先日の台風の爪痕が激しい上に
さらなる二次、三次被害へと被害が大きくならないことを
祈るばかりです。

まずは身の安全が第一です。

気を張りすぎて疲れが出てしまいます。
無理し過ぎないようにお気をつけください。

1日も早く復興となるようお祈りいたします。

 

さて、本日のテーマは

むくみ

ふくらはぎむくみモミモミ

当店にご来店のお客様のお悩みの上位です。

お顔も脚も、全身のむくみが気になる!

 

朝起きた時からむくみが気になり、
座りっぱなし立ちっぱなしの日中から
夕方には脚がパンパンで足首がなくなってしまう・・・

という状態は少なくありません。

 

☑️水分の摂り過ぎに気をつけている

☑️塩分を控えめにしている

☑️毎晩自分で揉みほぐしている

というセルフケアをしている方に

ぜひ聞いてほしいお話です。

 

お客様の中には、

『私はむくんでいませんよ!元々の太さです!!』

なんておっしゃる方もいらっしゃいます😅

 

実は、慢性的な酷いむくみで

施術後にはスッキリされて驚かれたこともあります(笑)

 

 

そもそも、

むくみ

と聞くと一番に挙げられるパーツは、

脚(足)

ですが、、、

 

 

考えてみてください!

身体は皮膚一枚で

全身繋がっていますよね??

 

 

そうなんです!

全身繋がっているので、

脚だけでなく、

全身むくみます😱

 

ただ、脂肪の厚みや筋肉のつき方、
骨の場所によって

むくみやすい場所とそうでない場所とがあるのです。

 

現在の自分の身体、

意外とむくみ(無駄な水分)によって
無駄な体重となって現れているかもしれませんよ!

 

 

むくみの正体

では、むくみの正体とはなんでしょうか?

 

みなさん御察しの通り、

体内にある無駄な水分がほとんどです。

 

では、どうして無駄な水分が身体に溜まってしまうのでしょうか?

 

むくみには様々な理由があります。

 

心臓や腎臓など内臓疾患によるむくみ

塩分の過剰摂取

などなど

 

 

その中の一つに

血液中のタンパク質が不足している

と言うことが挙げられます。

 

 

詳しく説明すると、

血液中には

「アルブミン」

と言うタンパク質が存在します。

 

このアルブミンは

血液中において

(動脈血)酸素や栄養分を全身に運んだりする

重要な役割があります。

 

 

身体の水分調節において

アルブミンは

とても大切なのです。

 

 

通常、

アルブミンが不要な水分を保持して、

最終的に尿や汗などで

身体の外へ出て行くのですが、

 

アルブミンが少なくなると

血液中で水分を保持する力が減少してしまい、

水分が血管の外へと漏れ出てしまいます。

 

 

この血管から漏れ出た水分によって

むくみとなってしまうのです。

 

むくみ改善には食事の見直しが大切

実際によく聞くのが、

『わたし水分を摂り過ぎてるからむくみやすいのよねぇ』

 

と言われる方が

まぁ、多いです(笑)

 

純粋に水分を摂り過ぎただけで

身体中をむくませようと思うと

 

本来ならもう何リットルと言う量を摂取しなくては

難しいのです。

 

 

むしろ、水分が不足し過ぎて

身体が危険を察知し

水分を身体にため込もうとして浮腫むことはあります。

 

やはり、食事って大切ですよね!

 

 

ちなみに、

タンパク質については以前もお話ししましたが、

髪、爪、内臓、皮膚、、、

などなども

タンパク質からできています。

 

 

タンパク質ってとても大事です。

 

むくみの気になるみなさん!!!

「タンパク質、きちんと摂れていますか?」

 

と言われても、

何がタンパク質???

 

と言う方もいらっしゃるかと思います。

 

ですので、

次回は、

オススメ食材などを含めて

タンパク質について

お話しさせていただきます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました