肌荒れ・ニキビの原因?!便秘のお話

肌荒れニキビの原因便秘 健康
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。

【頑張るアナタにご褒美を・・・】

岡山県の倉敷市中庄にあります
ごほう美サロンレストのマツキです。

 

 

便秘はお肌の敵

皆さぁ〜〜〜ん!!

毎日お通じありますか?

お腹イタタ

美肌を目指すべく
日々のスキンケアを行っている方でしたら

『便秘はお肌の敵』

だということは
一度は耳や目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

まさに、その通り!

 

便秘は

美肌の

敵です!!

 

そして、

便秘は

肌荒れ、ニキビの

原因のひとつです。

 

 

 

 

『健康』に気を使っている方にとっても
毎日の生活において

便秘が体に良くないことは
知っているかと思います。

 

 

では、
便秘になると

どうして

肌荒れやニキビになってしまうのでしょうか???

 

というわけで、
本日は、

便秘がどうして肌荒れ・ニキビを引き起こすのか

についてお話します。

 

便とは・便秘とは・・・

うんことべんき

そもそも、便とは、

食事から必要な栄養素が

体内に吸収された後の、

不要物、老廃物のことです。

 

理想の便は

いわゆる”バナナうんち”

 

理想のバナナうんちは、
約80%が水分となります。

 

(ちなみに、バナナうんちは、
匂いがキツくなく、黄色〜黄褐色です。
これは、腸内環境が善玉菌優位で健康のしるしです。)

 

 

 

そんな便が、

何かしらの原因で、
腸の中に止まっていると、

便に含まれる水分が
腸へ吸収されてしまい、

便は潤いを無くし
どんどん硬くなっていきます。

 

そうなると、
潤いがないため
排出されにくくなります。

こうして常に腸に便が溜まっている状態となります。

 

 

いわゆる【便秘】の出来上がりです。

 

 

便秘がお肌に悪い理由

顎

便が長期的に腸に溜まったままでいると

便が発酵や腐敗をしていくので
悪玉菌を発生させてしまい、

その影響で身体に必要な善玉菌の数が減ってしまいます。

 

よって、便から有毒な物質が発生しやすくなってしまうのです。

 

身体は不要なものを身体の外へ出そうとする働きを持っています。

 

有害な物質なので
身体は便を排出しようとしますが、

 

長い間停滞しているので
便自身が出口を塞いでしまい
排出できません。。。

 

 

そうすると、

身体は有害物質を腸の壁から吸収して

血液の流れに乗せて
体外へ出そうとします。

 

 

有害物質は血液の流れに乗り
全身を巡ります。

 

そこから、

汗や皮脂となって
体外へ放出されます。

 

本来の皮膚の機能は、

汗や皮脂を分泌して
皮膚を外敵から保護したり、

温度調節を行っています。

 

 

しかし、

有害物質をお肌から体外へ排出するようになると

そちらに手が取られて

お肌の通常業務が追いつかなくなってしまいます。。。

 

 

その結果、

お肌の代謝が衰えたり乱れることで

お肌にニキビが出来たり、

肌荒れがおこってしまうという訳です。

 

 

よって、

 

便秘は、肌荒れ・ニキビの原因になるのです。

 

 

肌荒れ・ニキビの原因、便秘のまとめ

人間の平均体温は、

約36〜37度です。

 

便は、元々食べ物で、その残りカスです。

36〜37度の気温の中に
食べ物がズーーーーーっとある

と考えると、そりゃ腐るし、腐敗して
異臭を放つようになりますよね?

 

それが自分の身体の中にある・・・と考えると、

ゾッとします😱

 

全身に有害物質が巡っているんですよ?!

信じられます?

 

結局、お肌だけでなく、
健康に良くないということがわかります。

便秘の方は
お肌のために、健康のために

改善していきましょう!!

 

本日は、
なぜ、便秘が美肌の敵なのか

でした!

 

次回は、

お肌と健康のために!便秘解消のポイントを

お話しようと思います😇

 

タイトルとURLをコピーしました